今までのバットは使えるのか??徹底解析!!
  • 中国語中文
  • 韓国語한국어
  • 英語English
検索
×close

ログイン

スワロースポーツの会員のお客様はこちら

メールアドレス
パスワード ※パスワードを忘れた場合はこちら

 

Amazonアカウントをお持ちのお客様はこちら

Amazonアカウントで簡単にログインができます。(2回目以降)

※初めての方は新規会員登録が必要
※スワロースポーツでログイン→Amazonアカウントでログイン(初回のみ)

 


 

はじめてのご利用のお客様はこちら

スワロースポーツで使用できるポイントを初回300円分プレゼント!

 

  1. M号球・J号球&バット、軟式ボールの変更点、野球用品専門店スワロースポーツ

M号ボールコンテンツ

新軟式球「M(J)号球」について

1.M(J)号球とは?

M号球A号

2016年12月1日に公益財団法人全日本軟式野球連盟が発表した新規格の軟式野球ボール(次世代ボール)の1つ。

  1. ・体格の向上した小・中学生に対応、高校硬式野球へのスムーズな移行を目的とする。
  2. ・【一般】平成30年度全日本軟式野球連盟主催大会より使用予定。
  3. ・【少年(中学生)】平成31年度全国中学軟式野球大会より使用予定。
  4. ・【学童用】平成31年度全日本軟式野球連盟主催大会より使用予定。
  5. ・現行規格であるA号、B号がM号に統一され、C号はJ号となる。



2.M(J)号球の特徴

M号球特徴

ボールの大きさ・重さが変更されたため、特に中学生は慣れるのが大変と予想される。

  1. ・サイズはA号と比較すると72mmと変わらないが、重さが2g増えた分、やや大きく感じる。
  2. ・B号と比較すると、大きさが2㎜大きくなり、重さが3g増えた。
  3. ・ボールを硬くし、硬式球に近づけたことにより、ボールが弾まなくなり、打球のバウンドが低くなった。
  4. ・硬くなったことにより、変形を抑える事で飛距離アップが想定される。
  5. ・ディンプルや縫い目の形状・数など細やかな変更により、空気抵抗も軽減。
M号球変形
M号球ディンプル



3.バットについて

M号球ビヨンド

従来のバットでも問題なく使用することができる。

  1. ・ボールが硬くなり変形しにくくなったことにより、従来の軟式球より飛距離がアップ。
  2. 芯に当てないと飛ばない。従来のバットでもM球対応バットでも同じである。
  3. ・バットの芯に当てることがより重要視される。
  4. ・自分のプレースタイルに合わせたバットを選びが重要。



4.おすすめ軟式特集