グローブ(グラブ)のお手入れ方法 by スワロースポーツ/野球用品
  • 中国語中文
  • 韓国語한국어
  • 英語English
検索

  1. グローブ(グラブ)のお手入れ方法 野球用品スワロースポーツ

グローブお手入れ方法

 

グローブお手入れ方法

スワロースポーツがお勧めするグローブのお手入れについて

  1. 当店で湯もみの型付けをされたグローブのお手入れ
  2. 型付けをしていないグローブのお手入れ
  3. 普段のグローブのお手入れ
  4. 移動時の注意
  5. 普段のグローブの保管方法

>>当店の湯もみの型付けについて

1.当店で 湯もみの型付け をされたグローブのお手入れ

当店では下記の理由から湯もみ型付け後にオイルを塗っておりません。

  1. ・お客様のお好みに合わせたオイルをお好みの量塗ってもらうため
  2. ・オイルを塗ると革の色が濃くなってしまい元の色が分からなくなるため
  3. ・販売時の見栄えを悪くしないため

お手入れ方法

お届けしたグラブ・ミットには全くオイルが塗られておりませんので、 ご使用頂く際に最初の2回から3回は本体の捕球面、背面、革ひも、全てに充分なオイルを塗って下さい。 この時にご使用頂くオイルは液体、ジェル、固形等、お客様のお好みでお選び頂いて構いません。 当店では、固形タイプや、やや柔らかいクリームタイプのオイルに人気があり、 塗って頂く際には指先に軽くオイルを取り、細かいところにも万遍なく塗布して頂く事をオススメしております。 ※液体タイプをご使用頂く際は特に革に浸透しやすいため、塗り過ぎにご注意下さい。  固形タイプも含め、塗布後はしばらく時間を置いてから布で乾拭きをして余分なオイルを拭き取ってください。

★ご注意下さい★

※オイルを塗ることは必要です※

オイルを塗ると革が伸び易くなり型も付けやすくなるという利点があります。
「オイルは塗らない方がいい」というのを拡大解釈して、
グラブ、ミットに殆どオイルを塗っていない方もいらっしゃいますが、最低限の栄養と保革は必要です。
但し、ある程度、型の出来ているグローブにオイルを付け過ぎると重くなってしまい、
逆に革が伸び過ぎたり柔らかくなり過ぎたりして型を崩してしまいますのでご注意下さい。
型が崩れてしまうと強い打球に負けてしまいます。

※オイルを塗ることによる重量の増加※
オイルを塗ることでグラブ、ミットの重量が若干増えることは仕方ないことですが、
増えた分の重さは体感では殆ど気にならない程度だと思います。

オイルによる重さの変化は僅かですが、
余分なオイルを拭き取らずに使用してしまうと古いオイルにホコリ等が付着し、
グラブが重くなってしまう事がございます。
そのため、お手入れをする際は、
砂埃等の汚れや古いオイルをよく落としてから、
新たにオイルを塗布し、仕上げに余分なオイルを拭き取ってからご使用ください。
上記を行うことにより重量の変化を最低限に抑えご使用頂くことが可能です。

・自分でグラブの型を整えたい時は
自分で意識的にグラブを叩いたりして型を整える場合は、
特に捕球面の小指側(薬指の下あたり)の皮革を横に伸ばすようなイメージで叩いて頂くと、
ポケットを広げていく事が出来るかと思います。
人差し指下部や手のひら中央は捕球の際に自然と革が伸びてポケットが深くなることがありますが、
薬指の付け根の周辺はご使用頂く上で皮革が伸びにくい部分のため、
叩くなどして皮革の繊維を解していきポケットを広げて下さい。

 

>>このページのトップへ

2.型付けをしていないグローブのお手入れ

残念ながら、こちらに関しては私どもでは的確なアドバイスは出来ませんが、叩いたり、揉んだりして、とにかくじっくりと仕上げて下さい。 型が付かないまま無理に使用(強く握ってしまう)すると、グラブ、ミットの中でも柔らかい部分(捕球面のヒンジから人差し指の根本にかけて等)が 大きく波を打ってしまったり、大きな皺が出来てしまうなど型崩れの原因となってしまいます。 ご自身で行う型の付け方はネットやメーカーのカタログなどに載っておりますので、色々と研究をしてみて下さい。

 

>>このページのトップへ

3.普段のグローブのお手入れ

・使用頻度が高いグローブのお手入れ

普段のグローブのお手入れはレザーローションをお勧めします。
適度の保革剤が含まれているので、汚れを落とすとともに保革効果があり、非常に優れています。
少量をスポンジ等にとる取りグラブ全体に薄く塗布し、浮いた汚れ、古い油分を布で拭き取ってください。
乾いた後に、ほんの少量の保革成分が残るので乾いたきれいなウエス(布)でしっかりと磨いて下さい。(革靴を乾拭きする様な感じです)
表面がコーティングされ、美しい艶が出てきます。
また、汚れがひどい場合はクリーナーを使用し汚れを落として下さい。
皮革に油分が無くなり表面がかさついている場合は保革オイルを少量塗布して下さい。

※レザーローションを含めオイル、クリーナーはブラシ等で砂埃、土を落としてからを塗布して下さい。

 

使用頻度が低いグローブのお手入れ

週に1、2回で数時間という使用頻度が少なく、あまり汚れていない場合はブラシで砂埃を落とし、 オイルを塗布した際に使用した布で全体を乾拭きして下さい。
※布についたオイルが皮革に浸透し油分を補給できます。

グラブが汚れている場合や皮革に油分が無くなり表面がかさついている場合は、 使用頻度の高いグラブと同様、クリーナー、レザーローション等で汚れを落とし、 油分が抜けている箇所にはオイルを塗布して下さい。

 

お手入れ方法
グラブお手入れ方法
用意するもの
クリーナーまたはレザーローション、グラブ用オイル、スポンジ(レザーローション等に付属しているものでOK)、ブラシ(歯ブラシ)、布
※ブラシと布はそれぞれ2つ準備することをオススメ致します。
お手入れセット等が便利です。
グラブお手入れ方法
グラブ全体をブラッシングし汚れ、ホコリを落とします。
細かいところは歯ブラシを使用するとやりやすいです。
※ブラシは柔らかく毛足の長いものをオススメ致します。

特にハミダシ部や革紐が通っている箇所などに ホコリが溜まるため念入りに行ないます。
グラブお手入れ方法
レザーローション、クリーナーで汚れを落とします。
それぞれスポンジに少量取り、グラブ全体に伸ばしていきます。
※乾く前に汚れを拭き取るため捕球面と背面を順番に行ないます。

ローション、クリーナーを塗りすぐに布で汚れを拭き取ります。
※指先に布を巻き付けて細かい所の汚れも拭き取ります。

ハミダシ部等、凹凸がある箇所はブラシ(歯ブラシ)をご使用頂く事をオススメ致します。
野球グラブお手入れ方法
ローション、クリーナーで汚れを落としたあと、 少しグラブ、ミットを乾かし、 皮革の油分抜けている(パサついている)箇所にオイルを塗布します。

※レザーローションを使用した場合は、ローションに革に必要な栄養分も含まれているため、  皮革の状態によってはオイルの塗布は行わなくても大丈夫です。

オイルを塗布する際はより皮革に浸透させるため、 素手(指先)でオイルを適量とり塗り込む事をオススメ致します。

※体温でオイルを溶かしながら塗っていきます。

1時間から一晩乾かしたあとにきれいな布で、 全体を乾拭きし、余分な油分を取り除きます。
同時に油分を補給した皮革にも艶がでます。

※日頃のお手入れの際、油分が抜けにくい背面部分は、汚れをブラシで落としたあとに仕上げの乾拭きを行っている布で磨いて頂くと布についているオイルで皮革に適度に油分を与えることができます。
野球グラブお手入れ方法
野球グラブお手入れ方法

>>このページのトップへ

4.移動時の注意

グローブはデリケート

絶対に潰さないようにして下さい。グローブは非常にデリケートです。

グローブは革で出来ていますが、革の組織や革と革の間には空気が入っていてふくらみを持たせています。そのふくらみがボールの衝撃を吸収したり、グローブの型を保ったりしているのです。ポップコーンやあんパンと一緒で、グローブを一度潰してしまうと、どんな方法を用いても元に戻すことは出来ません。 また、グローブに折り目を付けたり変なクセを付けると、これも多くの場合元に戻すことは出来ません。新札を想像して貰えばお分かり頂けると思いますが、一度折り目を付けてしまうと、幾らアイロンをかけたり伸ばしたりしてもほんの少しの力で同じ位置から折れてしまいます。これはグローブも一緒なのです。

 

移動時はどうすれば良いか

捕球面やグローブ自体を潰さないようにするということが重要です。
潰さないようにするにはグローブフォルダをご使用頂くのが一番でしょう。グローブフォルダを使う時はバンドを強く締め付けすぎないように注意して下さい。グローブの親指や小指の捕球面が正面から見えるようにして広げるように型を付けますが、バンドが強すぎると親指や小指が捕球面に向きすぎてグローブの間口を狭くしてしまいます。大きく開くグローブは捕球を助けてくれますが、狭い間口ではボールをファンブルし易くなってしまいます。
当店で型付けを依頼されたお客様の場合は、型付けしたグローブに付属している発泡スチロールのボールを利用されると良いでしょう。ポケット部分にボールを抱かせて軽くタオルで巻き、ボールがこぼれ落ちないようにして鞄に入れます。

 

>>このページのトップへ

5.普段のグローブの保管方法

使用後は、手の汗などの湿り気を取るために袋から出して風通しのよいところに保管して下さい。

置く時は捕球面がつぶれないように注意します。指先を下にするか、若しくは親指と小指を下にして平面を上に向けるようにすると良いでしょう。

 

>>このページのトップへ